×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

急ぎ旅には急ぎ旅の面白さがあります

バックパッカー初心者講座TOP>旅前にやること時間が無い人向け>急ぎ旅の面白さ

旅中にやること

その他

急ぎ旅の面白さ


いい旅とは?

「いい旅」とはどういった旅でしょうか?


時間に縛られず、ガイドブックも持たず、予定も経てずに、行きたい時に行きたいところへ行き、自由気ままに世界を歩く。


・・・なんとものんびりとして、いい旅です。なんとなくそんな気がします。


では、


時間に拘束され、ガイドブックを頼りに、完璧に予定を立て、定めた予定通りの日程で、行きたいところに行き、計算通りに世界を走る。


・・・なんか辛そうです。


しかし、どちらも行きたいところに行くという面は、そのニュアンスは違っても、行くところは同じです。


ネット検索をしていると、こういった短期詰め込みの旅を無駄な行為と非難する人もいます。


間違った旅の仕方だ、なんて言ってしまう人も極々稀に見られるようです。


果たしてそうでしょうか?


安心して下さい、そんなことは絶対に有りません。


そもそも、旅のスタイルに、正しいも間違いも有りませんし、経済状況も人によって違いますので、お金の無駄とかそんなのも有りません。


また、ほとんど日本人宿にこもって外に出ないで漫画を読ん過ごす1ヶ月よりも、激しく動き回った1週間の方が、身になることは多いと思います。


同じ経験をしても得るものは人によって違いますし、一つの経験で10個を得る人もいれば、何も得ない人もいます。


なので、旅で何を得るとか得ないとかは、人によってまったく違いますので、他人の旅のスタイルを否定する記事を見つけても、不安になることは有りません!


自分のスタイルで、自分が満足できれば、その旅こそが、きっと「いい旅」なんだと思います♪


というわけで、そんな忙しい人向けの、先を急ぐ旅の面白いところをいくつかお伝えします。


まずこちらを見て下さい。


参考※旅のスタイル>【強行軍】


デメリットを見ると分かる通り、急ぎ旅になればなるほど難易度が上がってしまいます。


お金はかかるし、危険も増すし、体力も低下するので風邪なども引きやすくなります。


しかし、予定が詰まっているので、どんな障害にも屈せずに、次へ次へと進まなければなりません。


また、予想外の出来事は往々にして起こります。


その度に、旅程をどう変更するかに頭を悩ませます。


ある意味修行です。


しかし、これらの辛い出来事は、辛ければ辛かったことほど、不思議とあとあと必ず良い思い出になりますのでご安心を。


そして、これを無事に旅を終えた時は、なにかゲームをクリアしたかのような晴々しい気分になれると思います。


そんな、「プチ困難克服体験」が出来るのは、強行軍の旅の良いところだと思います。


また、僕自身も、1年間の世界一周の旅でありながら、その大部分が強行型の旅でした。


1年間と旅の期限が決まっていたので、ひたすら急ぎの旅で地球中を走り回りました。


そして旅の終盤で感じたことは、「地球全体が地元」というような「錯覚」でした。


当たり前ですが、本当の地元じゃないので、もちろん錯覚というか単なる感覚なんですけども、短期間で相当な距離を移動したためか、何か南米もアフリカも、ヨーロッパもアジアも、ある意味どこも一緒、一つの地球なんだ、という不思議な感覚を得ることができました。


また、地球はとても大きくて、それでいてとても小さいところだという、変な感覚も有りました。


いまいち文章が下手で感覚が伝わらないと思いますが(スミマセン!汗)、この感覚はやってみればたぶん分かると思います。


是非味わってみて下さい♪


また、期間に制限のある旅でいろいろ案を練って旅をすることで、何か一つの作品を作り上げているような感じもしてきます。


同じ期間でもその作品は人によって違います。


自分が歩いてきた町をたどる足跡こそが、その作品です。


限られた時間の中で、いろんなところへ行って、自分だけの、今回限りの、一つの旅という作品を作り上げるのも、きっと楽しいと思います♪


と、いうわけで、短期間の急ぎ旅、結構お勧めです☆


でも、もちろん、ゆっくりのんびりの旅も良いので、自分の好きなスタイルで満足のいく旅をしましょう♪


このページのTOPへ