×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金は生命線です。無くなる前になんとかしましょう。

バックパッカー初心者講座TOP>旅前にやること不安解消!>旅中にお金がなくなったら

旅中にやること

その他

旅中にお金がなくなったら


旅中にお金がなくなるパターン

旅中にお金がなくなったら


これには二つのパターンがあります。


一つは、普通にお金を使い果たしたパターン。


もう一つは、何か不測の事態により、突然お金がなくなってしまったパターンです。


お金を使い果たしたパターンなら、途中で終わりが見えるので対処の仕方もいろいろ有るのですが、不測の事態が生じたパターンは、ちょっと困ると思います。

海外で現金を得る方法

もしお金が無くなってしまった時のために、海外での現金の入手方法をいくつかあげておきますので、記憶しておくといざというとき役に立つかも知れません。


上記どちらのパターンに利用できるかは、個々人の状況により異なりますので、ご自分でご判断願います♪




■現地で働いてお金を稼ぐ


まず一応断っておきますと、これは違法行為になってしまいますので、お勧めしてるわけではありません。


ただ「こういうのもあるよ〜」ということだけお伝えします♪


世界中のいろいろなところで、就労ビザがなくても結構働けます。


具体的な場所等は、旅をしていると知っている日本人に逢うことがありますので、新しい情報を集めた方が良いでしょう。


また、抽象的で申し訳ありませんが、「日本人が集まる場所」などに、求人募集の張り紙が貼ってあったりもします。


また、大きな都市では、日本人コミュニティのホームページなどが有り、そこにも載っていたりします。


よく日本人が不法就労している場所は、やっぱり一気に稼げるアメリカやオーストラリアが多いのですが、フランスでワイン用のブドウ狩りをしていた人や、ペルーの現地食堂で皿洗いをしていた人もいました。




■何かを売って稼ぐ


友人がエクアドルで餃子を作って売ったら結構金になったと言っていました。


しかし、僕もブラジルで買い過ぎた缶ビールを路上で売ろうとしましたが、まったく売れませんでした。やっぱり何を売るかが重要ですね。


また、スキルのある方は、似顔絵を書いて売ったりも出来るかも知れません。


美容師の方は、日本人相手に1000円くらいで髪を切ってあげたら喜ばれると思います。


途上国で現地人相手ですと、どうしても単価が低くなってしまうので、長期旅行中の日本人にターゲットを絞った方が効率が良いでしょう。


大道芸をやっている友人は、ヨーロッパの路上で1日で数百ユーロを叩き出していました。


さすがプロです。


なので、何か手に技をもっている人は、それによりお金を稼げるかも知れません。


また、何かを売るというのを違う切り口で考えて、自分の荷物から売れそうなもの、つまり時計やデジカメを売って金を作るという方法も有ります。


その手を使う場合は、宿のスタッフにでも相談してみましょう。


デジカメは意外な高値で売れる国も有ります。


2007年時点では、イエメンに型落ち中古デジカメを大量に持ち込んでおけば、大儲けできたかも知れません。




■クレジットカードでキャッシング


とりあえず、利息が付きますし、返済の義務も生じますので、この方法を使うのは主に、「不測の事態により現金が無くなった」時か、「国際キャッシュカードが使用できなくなった」時でしょう。


元々キャッシングメインで旅をしている人以外は、非常に緊迫した状況が考えられます。




■日本から送金してもらう


クレジットカードもなかったら、日本の誰かに頼んで送金してもらうしかないです。


海外送金は、ウエスタンユニオンを利用するのが便利なようです。


日本で送金手続きをしてもらうと、すぐに現地のウエスタンユニオンで現金の受け取りが可能だそうです。


日本での取り扱い窓口は、スルガ銀行のみとなります。
手順は簡単なので、スルガ銀行のホームページでご確認下さい。




■誰かに借りる


もう最悪これしかないです。


必ず住所や連絡先をはっきりさせて、友人にお願いするか、日本大使館に行って相談するしかありません。




参考※突然お金が無くなった時の段取り


このページのTOPへ