×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バックパッカーの宿泊先は主に安宿と呼ばれるところです

バックパッカー初心者講座TOP>旅中にやることhow to>安宿の探し方

旅中にやること

その他

安宿の探し方


安宿とはどんな宿か

これは国や地域によってまったく解釈が違ってくると思いますが、イメージとしては、数百円〜1000円くらいで泊まれる宿でしょうか。


アメリカやヨーロッパではその水準の宿は皆無ですが、バッパーやユースホステルも安宿と呼ぶならば、そういう高物価の国では、2000円〜3000円くらいでも安宿と言えるかも知れません。


さて、そういった安い宿はどんな感じかと言いますと、これまた場所によってかなり差が有ります。


東南アジアでは数百円でもかなり立派なホテルだったりもします。


例えば、僕が泊まったカンボジアのとある宿は、3人で泊まって、クイーンサイズのベッドが3つ、ホットシャワー(ぬるい)、トイレ別の広い部屋で一人2.5ドルでした。


これはアメリカの二人で110ドルの部屋より良かったです。


ブラジルはリオのとある安宿は、1000円くらいで、部屋はシングルベッド一つがギリギリ入る広さで、ベッドはスプリングの鉄が飛び出ていて背中に刺さって痛い。


シャワーが一間ほどしかないトイレの便器の真上に着いていて、なんとも不潔。


もちろんシャワーは水しか出ない。


なかなか劣悪な環境でした。


アメリカでは30ドル前後でドミトリーだったりしますが、二人居れば一人30ドル前後のツインの部屋がニューヨークでも見つかります。


モーテルも似たような水準です。


このように、地域によってかなり差がある安宿ですが、大まかに、よくある安宿の特徴を言っておきますと、


・シャワー、トイレは共同
・アメニティなし
・基本食事なし(ごくごく稀に朝食が付いている)
・シャワーはお湯が出ない
・テレビはない
・ボロい
・狭い
・怪しい
・ベッドにダニがいる
・時々共同キッチンがある
・時々危険な宿だったりする


などなど、ツアーで泊まるホテルなどと比べたら天と地ほどの差が有ります。


こればっかりは一日も早く慣れるしか有りません。


でもたぶん、誰でもすぐに慣れるようなのでご安心を♪




参考※ドミトリーってどんな感じ?

安宿の探し方

ガイドブックを見ればすぐ分かります。


無い場合は、ネットの旅人のサイトが役に立ちます。


宿の生の評価が載っているので、あまりにも酷そうならそこはパスです。


アメリカなどでは、宿予約サイトもかなり役に立ちました。


Property search


Hostel Time


そういった手掛かり無しで探す場合は、バスターミナルや空港に客引きがいる場合が有りますので、彼らとよく交渉をして決めましょう。


ピックアップしてくれたりすることも有りますので、詳しく聞きましょう


客引きがいない場合は、とりあえず街に出て、そこらへんを歩いている人に「安宿無い?」と聞いてみます。


安宿街のように結構固まって在る場合もあるので、そういうところなら現地のおっさんが結構知っています。


「安い宿を探しています」


という現地の言葉は覚えておいて損はないです。


宿に着いたら、部屋を見せてもらいましょう。


ホットシャワーは出るか?


部屋は清潔か?


怪しくないか?


などなど、値段に見合った宿かどうかを確認します。


もし気に行ったなら、値段交渉です。

値下げ交渉の仕方

とりあえず、安宿では値下げ交渉はしておきましょう。


なんとなく厚かましい気もしますが、大丈夫ですので、がんばりましょう。


とりあえず値段を聞いたら、


「ディスカウントできない?」


と尋ねます。場合によっては向こうから、


「3泊したら割り引くよ」


などと言ってくるかも知れません。


言われなかったらこっちから言いましょう。


連泊と引き換えに値引きを依頼するのは常套手段です。


また、値段が下がらない場合、


「じゃーよそを見て考えるよ」


なんて言って去って行くフリをすると、


「ちょっと待て。じゃーいくらにしてやる」


なんて言ってくることが結構あります(笑)


これはタクシーなどと同じ手法ですが、なかなか効き目があるので、ぜひやってみましょう。




関連※日本人宿とは


このページのTOPへ