×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二人旅は楽しい

バックパッカー初心者講座TOP>旅前にやることカユイトコロ>二人旅の良し悪し

旅中にやること

その他

二人旅の良し悪し


一人旅だけがバックパッカーではない

バックパッカーと言いますと、なんとなく「一人旅」というイメージを持たれる方も多いかと思いますが、意外に(?)そうでも有りません。


彼氏や彼女、または夫婦一緒に旅をしているカップルパッカーや、夫婦パッカー、また、男二人旅、女二人旅、学生3人旅行、親父&息子パッカー、子連れパッカーなど、複数で連れだっている旅人はたくさんいて、その組み合わせも多様です。


日本から一緒に出てきた人や、現地で知り合って共に旅をしている人など、その編成理由はさまざまですが、「旅は道連れ」と言うだけあってか、複数での旅には、一人旅とはまた違った良さが有ります。


ちなみに僕自身、一年間の旅の最初は、友人(大学の先輩)と二人旅でしたが、途中で別行動になり、それから旅で知り合った友達と二人で旅をしたり、カップルパッカーにご一緒させてもらったり、男女4人で旅をしたりと、いろいろな組み合わせでパーティができました。


簡単にイメージすると、旅はドラクエみたいなもんです(分かり辛いか)。


また、途中で彼女ができて、半年ほどカップルパッカーも経験しました。


それらを踏まえて、それぞれの組み合わせの良し悪しや注意点を上げておきますので、パートナーに見せておくと良いかも知れません。

一人旅の良さ

いきなりタイトルから外れますが、一応これがベースなので、まとめておきます。


やはりなんだかんだ言って一番多いのがこのスタイルです。


自分が行きたいところへ行き、食べたい物を食べ、見たいものを見る。


もっとも自由です。


一人で異国の地を歩いていると、なんとも言えないわくわく感やドキドキ感を味わえることでしょう。


何か想うことが有れば足を止め、誰の干渉もなく、好きなだけ物思いに耽っていられることも、一人旅の醍醐味です。


また、現地の人たちも、極東の小さな島から一人で出てきた勇気ある旅人に優しく接してくれることが多いです。


「なに?おまえ一人で旅をしているのか!?そうかそうか凄いな!ようこそ我が国へ!!ちょっとこっち来てコレ食べてけ!」


なんてセリフ、一人旅をしているとよく言われます。


個人的には、複数で居る時よりも、人の優しさに触れる機会が多かった気がします。


また、複数名での旅のメリットが、そのまま一人旅のデメリットになるわけでもなく、一人旅で味わうかもしれない、孤独感や恐怖感、退屈、病気、事件。


そういった仲間が居る時とは対処の方法が変わってくる、ちょっと辛そうな出来事も、一人で乗り越えることで、あとあと良い経験や思い出に変わります。


死亡したり、後遺症を負ったりしない限り、旅での出来事は、全てよい「話のネタ」に変わるのです。


なので、そういう意味で、一人旅にデメリットは、有って無いようなもの。


つまり、デメリットが無いことこそ、一人旅の最大のメリットだと思います。


そして、この一人旅をベースとして、複数名での旅のメリット、デメリットを検証してみます。




【一人旅のメリット】
・自分のペースで旅ができる。
・好きなだけ物思いに耽れる。
・現地の人に優しくされやすい。
・デメリットが無い。

男二人旅

男二人旅。


このスタイルは、最高にも最悪にもなり得ます。


パートナー選びが非常に大切です。


最初、先輩と二人で旅をしていた時は最悪でした。


やはり、二人に上下関係が有ると、下の人間は大変です。


特に先輩が大柄な性格の場合は要注意。


日本で遊んでいる時は特に気を使わないと思っていても、後輩はやっぱりそれなりに気を使っていたりするものです。


それが、旅で寝ても覚めても24時間一緒にいるとなるともう大変です。


後輩がどれだけ気を使っていても、相手がそういうことに気が付かないタイプの人間だと、非常にストレスが貯まります。


価値観は人によって違うものですが、やはり後輩としては、先輩の価値観を尊重しなければならなかったりします。機嫌が悪くなると二人旅では非常に面倒くさいことになるので(笑)


そうなるともう最悪です。


例えば自分が、何かを見て感動していると、横でいちいち


「よくそんなくだらねーことで感動できるな」


とかケチを付けてきます。これでは旅がつまらなくなってしまいます。


さらに、いろいろと価値観の合わないことはあるのですが、片方だけが合わせてばかりいると、やはりだんだんゲンナリしてきてまいってしまいます。


ときどき、「海外に行ったらキャラが変わった」という話を聞きます。


これは実際に起こる現象です。


もしもそういう相手だったと旅に出てから気付いてしまったら、思い切って二人旅を止めるのも有りだと思います。(言っても分からない場合)


そんなしょうもない相手にいつまでも合わせているうちに旅が終わってしまったら最悪です。


自分が旅したいように旅をするのが一番だと思います。


さて、しかし安心して下さい。


上記のパターンはなかなか特殊な部類だと思います。


同じような境遇を経験した人にも何人か会いましたが、ほとんどはもっと面白可笑しくやってる二人組の方が多かったです。


僕も、数日から1ヶ月くらいの期間で、何度か「男二人旅」を経験しましたが、どれも最高に楽しかったです。


やはり男同士ということで、ちょっと無茶もできるので、良い意味で、一人だったらここまでかな?って感じでやらないことにも、二人だったらチャレンジできたりします。


この「もうちょっと先まで行ってみようか」的な感覚になれるかなれないかで、得ることができないかも知れない経験ができたり、逆に、一人だと、思わず危険な方へ行ってしまっているのに気付かないかも知れないところを、二人いると気付けたりします。


また、一人旅より格段に安全だと思います。


悪漢に襲われる可能性も低くなりますし、もしもの時は二人で戦えばなんとかなるかも知れません。


また、バスターミナルなどでトイレに行く時などに、荷物を見ておいてもらえるのも、非っ常に助かります。


とにかく、気の合うパートナーとの助け合いながらの二人旅は、この上なく楽しいです。


旅が終わってみて、当時の思い出を共有できている相手がいるということは、とても素晴らしいことです。


野郎二人旅、結構オススメです♪




【男二人旅のメリット】
・一人の時よりも一歩突っ込んだ経験ができる
・有る程度自由に行動できる
・一人旅よりセキュリティ向上
・荷物の管理が楽




【男二人旅のデメリット】
・相方と性格が合わないと最悪
・ゆっくり一人で感慨に耽るタイミングが少ない




以上のことを踏まえて、男二人で旅をする時は、なるべく上下関係の無い相手と、当たり前ですが、お互いに思いやりを持って旅をすることが大切だと思います。


また、先輩後輩などで旅をする時は、先輩も気を使ってあげた方が巧く行くと思いますので、先輩の方はお忘れなく(笑)

女二人旅

ごめんなさい、このパターンの本質は、男の僕にはよく分かりません
(笑)


意外とそんなに見かけなかった組み合わせです。


女性一人旅の方はたくさんいらっしゃるんですが。。


とりあえず、僕が会った数少ない女性二人旅のバックパッカーの人たちは、みんなとにかく仲が良さそうでした。


そして意外にキャラが正反対な感じの二人組が多かったような気がします。


と、まぁ、こんなもんしか分かりません…とりあえず女性二人旅も居るよーってことで…


ほんとすんません(^ ^;)ゞ

カップルパッカー

カップルや夫婦で旅をしている人たちはたくさんいます。


僕も途中、そうでした。


日本から一緒に出てきた人たちや、旅中に知り合ったカップルなどそれぞれです。


恋人同士の旅とはどんなものかと言いますと、ほぼ、トイレとシャワー以外は24時間一緒にいるわけで、男同士と違って、ほったらかして一人でどこかに遊びに行ってきます、というわけにもなかなか行きづらいので、有る意味、逃げ場が有りません(笑)


たとえ結婚したり、同棲していても、会社や学校に行っている間は別々です。


なので、カップルパッカーは、同棲すらも凌駕した付き合いをすることになります。


それに耐えられるのかと言いますと、


・・・意外とみんな平気なようです。


喧嘩をしたとしても、変な所に女の子一人で置いてくるわけにもいきませんし、なんだかんだで一緒に居るしかないので、そのうち仲直りするものです。


僕は付き合って一週間も経たない内に、トイレのドアの無い宿に宿泊を余儀なくされ、何をしてるかはっきり分かるスケスケのカーテンを頼りに「大」をする羽目になったのを覚えています。


しかも下痢だったりします。臭いとか、音とか、恥ずかしいとかもはや気にしている場合では有りません。


もーすべて丸出しで一緒に居るので、お互いのことが分かり過ぎるほど良く分かって、仲良くなるのも早いです。


カップルパッカーには、一人旅の孤独で退屈な夜は有りません。


どちらかが病気になったらちゃんと看病してくれる相手が居るのは非常に助かります(男同士の場合、放置される場合も…)。


そしてとにかく、とても楽しかったです。


しかし、もちろん良いことばかりでは有りません。


やはり、男の方からすると、相手の女性にもよりますが、どうしてもあまり無茶なことはできなくなります。


安いからと言って、毎日ドミトリーだと相手が可愛そうですし、ちょっと危険なところに行きたいな〜と思っても、もし賊に襲われたらと考えてしまいますし、急ぎの旅でも、片方が体調を崩したら無理やり進むわけにもいかなくなるので、旅のペースは確実に遅くなります。


一人旅ほど思うようにいかないのが、カップルパッカーのデメリットです。


しかし、デメリット分を差し引いても、カップルパッカーは楽しいです。


というか、一人旅とはまた、まったく違う旅になると思います。


これもまた、ぜひともお勧めしたい旅のスタイルの一つです。




【カップルパッカーのメリット】
・退屈しない
・病気の時助けてもらえる
・愛情以外に友情が芽生える
・四六時中、人と一緒に居続けるという特殊な経験ができる
・共同生活が巧くなる
・同性同士とはまた違った物の見方ができるので、感動に厚みが出る
・とにかく楽しい




【カップルパッカーのデメリット】
・無理はできない
・自由は減る
・それなりに気を使うシーンは多い

三人以上での旅

大勢でパーティを組んでの旅は、これまたとにかく楽しいです。


かなり気を緩めることができますし、何が起きてもなんとかなる安心感が有ります。


事件が起きても、みんなの力を合わせれば、問題解決もあっという間です。


タクシーや宿、食事などいろいろシェアできるので、お金の節約にもなります。


団体行動が苦手じゃなければ、数名での旅はかなり面白いものになると思います。


ただし、一人旅でのメリットの多くが失われることは否めません。




【三人以上での旅のメリット】
・安全度MAX
・安心度MAX
・シェア飯は楽しい!
・節約になる
・とにかく楽




【三人以上の旅のデメリット】
・一人旅で味わえる多くのことが味わえない




長旅の方は、ときどき大人数で旅をすることがあると思います。


これもまた、一人旅とはまた違う楽しみが有りますので、そういう時は積極的に参加してみるのも良いかと思います♪


このページのTOPへ