×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外で飛行機に乗る時の手順

バックパッカー初心者講座TOP>旅中にやることhow to>海外での飛行機の乗り方

旅中にやること

その他

海外での飛行機の乗り方


飛行機に乗り込むまでの流れ

ほとんどの国に共通の、飛行機の乗り方の手順を超大雑把に説明します。
細かい部分は空港によって違いますが、ほとんどの流れは一緒です。




【飛行機に乗り込むまでの流れ】



1. まず自分が乗る飛行機の航空会社のチェックインカウンターへ行きます。
パスポートとともに、航空チケット(搭乗引換券)が有ればチケットを見せます。
ネット購入などでチケットがなければ、その予約ナンバーなどを伝えるか、名前と行き先などを言えば係員が調べてくれます。
いくつか質問などが有るかもしれません(行き先、危険物の有無など)ので、当たり障りなく答えます。
ここで、機内に預けるバックパックなどを渡します。
搭乗券を受け取り、以下のことを確認しましょう。
搭乗券のGATE No.(搭乗ゲート番号)を確認します。
最終的にそのゲートから飛行機に乗ることになります。
ついでに、BOARDING TIME(搭乗開始時刻)も確認して、その時間までに自分のゲートにたどり着けるようにしましょう。


2. 搭乗券を手に入れたら、次は搭乗エリアへと向かいます。
ボディチェックを受けたり、出国スタンプを押してもらったりいろいろ有りますが、ここら辺は流れで分かると思います。


3. 出国スタンプを押されたら、自分の番号の搭乗ゲートへと向かいます。アナウンスが流れたら、いよいよ搭乗です。
チケットを用意して、並びましょう。


4. 飛行機に乗ったら座席を探します。
チケットのSEAT No.(席番号)を頼りに座席を探して下さい。




以上、大雑把な流れでした。


もしも分からないことが有ったら、とにかく適当な空港スタッフに聞いてしまうのが手っ取り早いし確実です。チケットを見せれば、然るべき方へと導いてくれるでしょう。


それか、とにかく「international departures」などの看板の方へとひたすら向かっていけば、流れで手続きできると思います。


とにかく簡単ですので、気楽にいきましょう♪


入国の場合はもっと簡単です。


降りた人に付いていけば、あとは流れで入国できますので、みんなに付いていきましょう。




<空港に来る時間>


空港が異常に混んでいることもあるので、なるべく3時間前には空港に入りましょう。


もし手荷物検査などが混み過ぎで間に合わなそうだったりしたら、迷わず近くの係員にチケットを見せて「時間が無い!!」と言いましょう。


行列の一番先頭まで連れて行ってくれたりしますので。


僕はチェックインカウンターの前で1時間、さらに手荷物検査で1時間並んだことが有ります。たまたま早く空港に来ていたので良かったですが、ギリギリだったらどうなっていたことやら…。

国際線乗り継ぎに関して

飛行機の乗り継ぎに関してですが、これも他の乗客についていけば流れで手続きは簡単にできます。


乗り継ぐ飛行機の出発時間までが短いと、ちょっと焦るかも知れませんが、心配有りません。


基本的には乗り付き客のリストはコンピューターにインプットされていて、基本的には全員そろってからの出発になるそうです。


ただし、乗って来た飛行機が遅れていた場合は、その限りでは有りません。


あまりにも遅れた場合は、到着後直ちに係員に相談しましょう。


次の便を用意してくれる可能性も有りますので。


とにかく、乗り継ぎは難しそうなイメージですが、それほど焦る必要はないのでご安心を。


このページのTOPへ